沖縄の青の洞窟は、行きやすいため初心者の方でも大丈夫

「青の洞窟」という言葉を聞いたことがありますか?

世界的な青の洞窟というとイタリアにあるものを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は日本の沖縄県にも、青の洞窟はあるのです。

青の洞窟とは、中に入ると海が青く輝いている洞窟のことを指しています。

なぜ真っ暗なはずの洞窟の中が青く輝くかというと、太陽の光が海底に反射し、洞窟の中に流れ込んでいる海水を通過して人の目に届くため、海面は海水の青さを照らし出し、青く輝いているように見えるという現象につながります。

自然が生んだ、非常に美しい現象です。

これを体験できるとあって、沖縄の青の洞窟は高い人気を誇っています。

沖縄県恩納村の眞栄田岬にある洞窟なのですが、日本中からダイビングやシュノーケリングをしに、多くの人たちが訪れています。

その人気の高さからか青の洞窟へ案内するガイドも充実しており、まだダイビングやシュノーケリングを本格的にしたことがないという方でもすぐに行けることができ、多くの方が楽しめるようになっているという特長があります。

さらに、夜でも楽しめるプランが用意されているというのもうれしい特長です。

夜は夜光虫が飛んで、暗い洞窟の中に青白い光がぽつぽつと飛んで、とてもきれいな美しい光景が広がっています。

まさに神秘的な出来事で、感動してしまうでしょう。

一生のうち一度は神秘的な沖縄の青の洞窟を目にして、地球の素晴らしさを実感する体験を味わってほしいものだと思います。

☆青の洞窟のお役立ちサイトなら⇒スカイリーフダイバーズ